OUT 3550y Par 36 (NO.6-NO.9)


NO.6 425y Par4 HDCP4

このホールはフェアウェイ左にマウンドがあり、このマウンドを越えるには
キャリーで約215y必要で、フェアウェイセンターから右方向を攻めるのがセオリーです。

しかしこんな時に真っ直ぐ飛ぶのが悲しい性?、マウンドの先端にすっぽりと入りました。

何とかSWで脱出、第3打でグリーンを捉えるも、横長のグリーンの右端に立ったピンの
遙かに遠い左端で、お決まりの3パットのダボ。


今回もまたまたマウンドに入れ・・・(汗;)しかし飛ぶ人には、このマウンドなんて
何の役にも・・・

セカンドは出すだけ、次も乗せられずにダボです。


NO.7 211y Par 3 HDCP16
このホールはグリーン手前と右がNG(誰が名付けた、嘆きの谷と・・・)です。

ピン位置が左だった事もあり、左バンカー部分に狙いを定めて7Wで打ちましたが、ピンに真っ直ぐなボール。
これで普段からどれだけ右を向いて構えているか(汗;)が分かります。

しかしながらボールは失速し、左バンカーの右へ。約2mに寄せた(寄った?)下りのパットが入って何とか
パーセーブです。


ではお見せしましょう。上の画像はグリーン手前の谷ですが、グリーン右に外すともっと
打ち上げのショットが必要となります。今回は一人がナイスオン!のボギー(笑;)
私はグリーン手前から寄せながら、パットが入らずのボギー(汗;)

他のお二方は右の嘆きの谷から共にトリプルです。このホールは絶対に!左からです。


NO.8 353Y Pap 4 HDCP13

短めのミドルホールにホッと一息ですか?、いえいえこれが中々の曲者ホールです。
ティーショットを左マウンドへ引っ掛け、グリーンセンターまでの距離は約150y。

手前の池に入れるのは嫌だったので、大きめのUT(汗;)でマウンドから打ちましたが
チョロして池の手前。労せずレイアップしたようなものです・・・(笑;)

第3打を何とかグリーンに乗せてボギーで収めました。


今回のティーショットはテンプラのミス(汗;)で、セカンドの残り距離は約160y。

どうしても池は越えたかったので大きめ(秘密!)のクラブでグリーン左横。
アプローチは少しショートでしたが、ボギーです。


NO.9 542y Par 5 HDCP7

ヨタヨタながら迎えたアウトの9番。木々の狭い間を縫って打つ
ティーショットは約250yのナイスショット。
セカンドショットもギャンブルを避け、4Wでなく7Wを使用も
ピンまで約100yのサードショットをダフってチョロ(汗;)。

右画像と右上画像を見て、クラブハウス奥の病院(この風景に
関しては、メンバーさんの評判は?だそうですが・・・)の写り方の
違いがお分かりになるでしょうか?、そうです、微妙に左足下がりに
なっているんです。

傾斜地ですからボール位置を右寄りに寄せないと駄目なんで
しょうが、私はクソM(懐かしい・・・)のようにボール位置を
確認する、ターフを取る素振りは出来ませんから・・・(汗;)
ボギーです。


今回のティーインググランドは前回より少し前だったのでしょう、ロケーションから受けるプレッシャーが全く違います。が、このホールも余り飛ばずに
セカンドからは前の傾斜が非常に気になり、#4Wを持てずに#7Wで打ちました。

第3打はまだ距離が残り、結局ボギーでした。


TOP